タダモモの子育てお悩み相談室

タダモモの子育てお悩み相談室

子ども嫌いだったのになぜだか母親になりました。主に、2015年1月生まれの持病持ちの娘についてつづるつもりですが、くだらないことばっかり書いてます。。

子供が嫌いで産みたくなかった私が、子供を産もうと決意した理由を淡々と述べてみる。

「私が子供を産みたくなかった理由を淡々と述べてみる」の続きです

 

私は自他共に認める子供嫌いの人間だったので、私が妊娠したときは親しい友人たちに問い詰められました。

なんで心変わりをしたのかということを、唐突に振り返ってみたいと思います。 

こちらの続きです↓

www.tadamomo.net

 

年齢のタイムリミットが迫っていた

 

20代で結婚したものの、子供を産む気は全くなかったタダモモ。

後から結婚した友人がどんどん妊娠出産。

今日の高齢出産の定義は「35歳」

30代になってその35歳が眼前に迫り、不安がよぎるようになった。

主に高齢出産によるダウン症等の染色体異常リスクが上がることがその不安の要因。

産むならこれ以上引き延ばせないと。

離婚か妊娠かの天秤

 

夫はナチュラルに「子供が欲しい」と思っている普通の人間。

私のような「子供が嫌い。」「子供を産みたくない」という気持ちは全くわからないらしい。

そんな夫が何かの拍子に「ももちゃんの気も変わらないみたいだし、子供は諦める。」と発言。

ラッキーなはずなのになんとなくそうとは思えず、少なからずショックを受けたことが自分的にはショックでした。

人の人生を180度変えてしまってもいいのかなと。

自我を通したいのなら離婚をして夫に新しい人生を(子供を持てる人生を)与えてあげるべきではないかと。

そうでないならば…。

f:id:tadamomo:20180524203701j:plain

無痛分娩なら痛くない(かもしれない)

 

子供を産みたくない理由のひとつに、「痛みが怖い」という幼稚な理由がありました。

無痛分娩の存在自体は新婚当初から知っているものの、周りに実例がない。

いろんな人のブログを読んで、本当に痛くないと言っている人もいる。

無痛分娩でなら産んでも良いかなと思いました。

痛かったけどな!

www.tadamomo.net

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました

それでも無痛分娩はおススメ

お読みいただけたらポチッと!ありがとうございます!!

にほんブログ村 子育てブログへ