タダモモの子育てお悩み相談室

タダモモの子育てお悩み相談室

子ども嫌いだったのになぜだか母親になりました。主に、2015年1月生まれの持病持ちの娘についてつづるつもりですが、くだらないことばっかり書いてます。。

私が子供を産みたくなかった理由を淡々と述べてみる

子供なんてキライだから産みたくないと言う妻、それは私です

ある日、「子供が欲しくないなら、何のために結婚したの?」という質問を受けました。

私は反対に「子供が欲しいから結婚したの?」と聞き返しました。

それくらい、私にとっては結婚と子供の相関関係は低かった。

結婚しようがするまいが、子供を産みたい人は産めばよいし、産みたくない私のような人間は産まないでもよいじゃないの。

でも、世間はそんな風には見てくれず、聞かれ慣れましたけどね。

「お子さんはまだ?」

f:id:tadamomo:20171013163003j:plain

子供を産まない理由を述べていきましょう

  1. 赤ちゃん/子供をかわいいと思えない
    こちらでちらっと触れたけれども、どうしても赤ちゃんや子供がかわいいと思えなかった出産前の私。
    赤ちゃんは泣きわめいてわけわからないし、子供はうるさくて付き合い切れない。
    自分の子供までも可愛いと思えないかもしれないので、そんな人間は子供を産むべきでない。

  2. 痛いの嫌い
    わざわざ好んで痛い思いをしたくないので出産はしたくない。
    耐えられる痛みとはいうけど、私は耐えたくありません。

  3. 人付き合いが面倒
    ママ友コワイ!!
    早くに子供を産んだ友達から、公園のボスママの存在を聞いて、そんな世界で生きていくのは絶対無理だと思いました。
    そもそも、ひとりが好き。友達と騒ぐのも楽しいけど旅行も映画もお酒もひとりで平気。気を遣いながら子供のためにと気の合わない人と付き合っていける気がしない。

  4. 夫婦2人の生活が最高
    大人ふたりの生活は自由で楽しくて<人生史上最高に楽しいとき>だと思っていました。子供を産むことでこの関係性が壊れると思うと、そんなリスクは負いたくなかった。

  5. 成人するまで責任が持てない
    一度産んだら途中棄権不可、二十歳までいや大学卒業まで、院卒業まで!?
    どんなに短く見積もっても高校卒業まで18年。
    社会に出て自立してくれたらよいけれど、ニートになる可能性だってないわけじゃない。
    ひとの命を背負って生きていくなんて私には荷が重すぎる。

  6. 若くないので染色体異常が心配
    出産自体を真面目に考え始めたのが30になってからだったので、加齢によるダウン症他のリスクを取ってまで産みたいとは到底思えなかった。
    大親友の第2子に障害があり、年齢のせいかと彼女が悩んでいたのも知っていたので余計に心配だった。

  7. 私自身特に生まれてこなくてもよかった
    ちょっと暗い話になりますが、私自己評価が異常に低いんですね。
    何のために生まれてきたのかな、なんて哲学的なことを考えることもしばし。
    特に生に執着があったわけでもなく、ある日突然何らかの事故に巻き込まれて帰らぬ人となってしまっても、それでよいかなと。
    生きている明確な意味を見出せないので、産んだ子にもそんな思いをさせたく無い。

    ここから追記、忘れてるだけでもっとありそう。
  8. 部屋を汚したくない/インテリアを子供仕様にしたくない
    子供のいる家庭にお邪魔すると、おもちゃは散乱しているし片付けもおろそかに。インテリアも安全対策を考えると犠牲にしなければならなくなります。自分の居心地のいい部屋で暮らしたいよ。

  9. 体型を崩したくない
    ひとさまにお見せするバディでもないので何言ってんだか、って感じですが笑。産後太ってしまうのは怖かったです。お腹はたるーんとなりますが、努力で改善できます

これらの理由を乗り越えたのか、否

子供を産んだ今ですが、これらの理由をクリアしてから産んだのかって言われたらそうでもないのですよ(^ω^)

ある理由は出産前に解決されたし、ある理由は出産をしたら解決した。また、ある理由はどうでもよくなった。

ただひとつ言えるのは、産まなければ分からなかったことだらけ。

結果論にすぎないのでどうこう言っても仕方ないですが、まあ案ずるより産むがやすしとはよく言ったもんです。

 

本日もお読みいただきありがとうございました!